2児の父、アーリーリアイア主夫の日記

京都で暮らす、主夫の日々を綴ります

【子供と過ごす休日】焼き肉いちばんでランチ

京阪の京津線に乗って大津へお出かけ

この日は下の子供とお出かけ。
京津線に乗って大津市まで行きます。

お昼ご飯は、膳所の焼き肉いちばんに行き、ランチバイキングを頼みました。

サムギョプサル野菜盛りセットや壺カルビなど良いメニューがあります。
スープや明太釜玉うどんなど全20オーダーも頼んで腹いっぱい、大満足です。

食事メニューはオーダーバイキングですが、かき氷、アイスクリーム、ソフトクリーム、綿あめはセルフのデザートコーナーにあります。
これがあるので子供も好きなお店です。

よく利用したお店です。久しぶりでしたので、懐かしいなと思いました。

大津へのお出かけは、子供が小学生になる前は鉄板ルート

このお店を含む大津へのお出かけは、Ffにとっては鉄板ルートでした。

まず、京都から京津線に乗って大津まで行くと、ちょっとした遠出気分になります。
地下鉄に乗ったのに、山科を超えると地上に出て山を超える路線になり、その後の大津では路面電車みたいな雰囲気です。次々と景色が変わるので、たった数十分の乗車時間なのですが、すごく遠くに来た気分になります。
子供達はずっと窓の外に夢中でした。
そして、こんなことを言うのはちょっとあれですが、車内がとても空いています。ベビーカーを押して乗るのに何のストレスもなく、とても楽でした。

そして、この焼き肉いちばんは未就学児は無料です。
子供たち2人はポテトとデザートを心ゆくまで食べれて、大人は焼き肉をお腹いっぱい食べれて、でも大人一人分2,000円超を払うのみです。

そして、近くに西武百貨店がありました。
中に、子供が遊べるコーナーがあり、店内なので安心して遊ばせられました。

京津線で行く→焼き肉→西武百貨店京津線で帰る」このルートをたどれば、朝から夕方まで一日を過ごすことができますので、「今日何しよう?」を解決してくれました。
上の子供が小学生になるまで、嫁が仕事で不在の休日は、小さかった子供2人を連れてベビーカーを押しながらよく来ました。

ただ、今は、京津線の景色に以前のようにかじりついて見ていません。子供も大きいので、大阪行きなど混んでいる電車に乗ることが出来ます。

焼き肉も、小学生になれば一人1,000円ほどかかりますので、他のお店と比べてのお得感は感じなくなりました。

そして、西武百貨店は無くなりました。跡地にはマンションが建つようです。

年月が経ち、子供の成長と街の変化を実感します。
この日、久しぶりに来ましたが、子供と一緒にこのルートをたどることは今後は無いかもしれません。

長らく我が家の鉄板ルートでした。子供たちの休日の思い出になっているはず。今まで、ありがとう!

(Ffは、昔を懐かしみながら、時々一人で来ようと思います)