2児の父、アーリーリアイア主夫の日記

京都で暮らす、主夫の日々を綴ります

【ある日の晩御飯】お蕎麦※出雲蕎麦っぽく、ちょっとずつ

出雲蕎麦、っぽく

この日の晩御飯は、蕎麦にしました。

いつものざる蕎麦や冷やしかけ蕎麦でもいいのですが、出来ることならばいつもとは違うものに。

でも家にあるもので簡単に作れるものを。

・・・出雲蕎麦っぽく、ちょっとずつ一皿に盛ってみました。

薬味は、トロロや大根おろしは使わず、子供達が好きそうな天かすや刻み海苔などを使って。

おかずは、卵焼きを焼いただけ、南瓜をチンしてつぶしてカレー粉とマヨと和えただけ、万願寺とうがらしを焼いて醤油をかけただけ、お総菜のアジフライをトースターで温めただけ。
簡単に用意したものばかりです。

でも、お皿がいっぱいあると、何だか豪華に見える気がします。

楽しく美味しく頂きました。

食洗機に感謝

我が家では、1日1回、晩に食洗機で1日分の食器を洗っています。
楽なのですが、密かにちょっとだけストレスを感じます。

まず、時間がかかる!
洗浄機能が終われば、電源を切ってお皿を取り出します。
60度に温まったお皿自体の熱自体で乾燥をさせますので、乾燥機能は使いません。
それでも、洗浄だけで1時間以上かかりますので「時間かかりすぎ!」と思っています。

もう1つ、お皿の入れ方に頭を使う!
上手く入らないお皿はそもそも使いませんが、それでも、上手に入れないと「うーん・・・」となる時があります。

日頃食洗機を使いつつ、それでも心の中で「手洗いの方が早くて楽かも」と、もやもやがちょっとだけあるのですが。

この日は、食洗機に感謝です。

出雲蕎麦っぽくするため小皿を総動員しました。
これら小皿はいずれも食洗機にぴったり収まるお皿達ばかりです。
入れるのにNOストレス。

枚数も多かったため手洗いは手間ですし、手洗いをするとお皿を干す場所も困りますし。

この日ばかりは「食洗機さん、ありがとうございます」と心から思いました。