2児の父、アーリーリアイア主夫の日記

京都で暮らす、主夫の日々を綴ります

【主夫の出張ごっこ】岡山県の津山市へ日帰りおでかけ②

憧れの「新幹線で一杯」

前回の記事で「新幹線で日帰り出張」が憧れと書きましたが、「新幹線で出張帰りの一杯」もそれ以上に憧れでした。

今でも鮮明に覚えています。

一年目の東京出張の時、研修が終わり、17時頃に東京駅です。
あの有名なシウマイ弁当と、飲み物を買って新幹線に乗りました。
第3のビールしか飲まなかったのに、この時ばかりは普通のビールです。
ビールを飲んで、テレビでよく見るシウマイ弁当を食べて。その後、車内販売でナッツ&チーズの小袋とチューハイを買い、氷入りのカップももらいました。

至福の時間でした。

今回、移動方法として新幹線を選択した理由も、帰りの新幹線での飲み食いを楽しみにしていたからです。

まずは津山駅で。
新幹線まで待ちきれずに、チューハイとおつまみを買ってしまいました。


車内は、大阪周辺の在来線と違ってびっくりするぐらい空いてます。周りに誰も乗っていませんので、マスクをしながらですけどもいただきました。

このお出かけのメインは駅弁「ばら寿司と鰆」

そして、岡山駅に着きました。
このお出かけのメインです。

新幹線改札内で売っていた、(有)吉備の國Azumaさんのばら寿司と鰆のフライがセットになった駅弁を選択しました。2段重ねが綺麗な布で包まれてあり、おしゃれ・・・。


新幹線の車内で、こうして過ごすのは、当時と変わらず今でも楽しいです。

願わくは、マスクを上下に動かしながら食べるのではなく、何を気にすることなく自由に飲み食いができるようになりますように。

さて、無事に帰ってきました。

退職して主夫になりましたので、もう出張はありません。
今回のように自分で機会を作るしかありませんが、用事も無いのに出かけるにはちょっと大きい出費になるため、出来ません。
次回の機会は、用事が出来次第ですが、しばらくは無い気がします。

貴重な出張ごっこ、十分に満喫しました。